アーカイブ

今日は少し日焼けしちゃったかなというときに

昨日は、春の日差しが結構きつくて、

春だからと日焼け対策をそこまでしていなくて、困りました。

昨日は、市街地に用事があって電車に乗らなければならなかったのに、

電車に乗り遅れそうで、朝の日焼け対策をしなければいけなかったのにできませんでした。

まぁ、春だから大丈夫だろうと思いましたが違いました。

行ってみると、春だというのに日差しがとても強くて、とにかく、日陰を通るようにしました。

でも、昨日は歩かなければいけない用事が多かったので、

外の日差しの中を歩かなければならず、

これはもう日焼けしてしまっただろうと諦めるしかありませんでした。

仕方がないので昨日は日焼けしてしまった日の応急的なスキンケアをしました。

まずは熱くなった肌を冷たいタオルで冷やし、

温かくなったタオルを氷水で冷やし、肌に当ててを繰り返し、素熱をとります。

その後、なるべく添加物の入っていない化粧水をつけてその上から

また冷たいタオルを乗せて冷やします。

最後に化粧水、乳液をつけて終わり。

これは結構日焼けしてしまった後に効きますよ。

持つべきものは出張が多い男友達!嬉し過ぎるお土産貰ったよ。

定期的に韓国・中国出張のある男友達が転職したら、出張が減っていた所。

久しぶりに行くよ!の連絡が来た。

速効安い顔パック大量に買ってきて~♪のお願い。

そしたら、ちょっぴり良さげのパックもお土産で買ってきてくれた。

本当いいやつ。

私にとって「顔パック」は1番簡単で1番大事なスキンケア対策。

TV見たり片づけたり何かしてる時にさっとつけたら乾くまで放置すればいい簡単なのに、

肌の感想を防いで潤う素敵なアイテム。

これだけで日々の肌のコンディションが違う!冬の乾燥が激しい時に限らず、

花粉症の時期、春・秋の紫外線・夏の日光で火照った肌にと1年中役に立つ対策なのです。

ソウル行くタイミングはパックがなくなりはじめたらと言う位、徹底して愛用しています。

そこそこのをバリエーション多く使うよりも、

コスパの良い化粧水・顔パック・お値段はるけどこれだ!と言う保湿クリーム1本。

この方がコスパも良くお肌もしっかりキープできるのでお勧めです。

肌の水分維持が何より大切なポイントなので、

化粧水はジャブジャブ使える状態にする事を心掛けています。

韓国女性のその美しさ、天然?それとも作り物?

ちょっと疑ってしまう様なテーマになっちゃいましたが、

実は私こないだまで韓国で過ごしてました。

期間は1か月。

簡単に言うと現実逃避の旅に出ておりました。

初めて1か月も韓国で住むと色んな事が見えてきますね。

一番私が強く印象に残ってる事ーそれが『韓国の女性の美しさ』でした。

足もすらっとしていてお肌もキレイ。

ほんとに綺麗なんです、つやつや。

びっくりしちゃいました。

道ですれ違う女性ほとんどそうでした。

女優さん達だけじゃあないんだなと。

でもそれもそのはず、韓国は言わずと知れた整形大国。

女性はほとんどしてるのかもしれませんし、

海外からもわざわざ整形目的で来る旅行者も多いみたいです。

最近になって私もつやつやのたまご肌に憧れるようになりました。

やっぱり土台が綺麗じゃないとメイクでごまかしてもね・・・と思いまして。

ただ私も韓国生活を終えて日本に戻ってきた時、

みんなに「お肌キレイになったんじゃない?」なんて言われたんですけどね!

時間があったので美顔器を使ってスキンケア

今日は子供たちがいつもより早く寝たので、自由時間がたっぷりありました。

久しぶりに美顔器を使って、ゆっくりスキンケアをすることにしました。

久しぶりすぎて、充電しながらです!前回いつやったかも覚えていません。

たった10分足らずのことだけど、

その10分椅子にじっと座ってスキンケアでもしようものなら、

子供たちが近寄ってきて、抱っこだの、自分もしてみたいだの、騒ぐので出来ないんですよね。

今日はたっぷり時間があるので、フルコースでやることにします。

まずは毛穴の汚れ落とし。

首筋にも美顔器を当てて、念入りに。わぁ。

コットンが真茶色!私の肌ってこんなに汚れていたのね、と落ち込みます。

次に化粧水を浸透させます。

汚れが落ちたので、ぐんぐん入っているような気がします。

きれいになぁれ!最後にシートパックをした上から美顔器の超音波を当てます。

このパック、お土産でいただいた、高級シートパック。

最後の一滴まで染み込むように、強モードでやりました。

お肌の活性化のためにも、私も今日は早く寝よう。

明日の朝が楽しみです。

投稿日: 2016年10月13日 カテゴリー: 美白

出産前と出産後で変わったスキンケアの方法

現在妊娠9ヶ月・1歳の娘のママです。

私は敏感肌なのですが産前は化粧水(コットンでポンポンと

よく肌に馴染ませそのままコットンパック。

最後に手のひらで押さえる)→美白美容液→乳液(指でくるくるマッサージする感じ)

→保湿クリームとしていました。

化粧水と乳液は夏はさっぱりのタイプ、冬はしっとりのタイプと使い分けています。

産後も娘が寝転がってる間は同じようにケアしていましたが、はっきり意思表示をしたり

ハイハイをしたり歩くようになってからはお風呂上がりに時間をとることが難しくなってきました。

なので、とりあえずお風呂出たらミスト状化粧水をプシュ〜っとして、

娘のことが一通り終わってから美白美容液と乳液をささっとぬる…という形になってしまいました。

保湿クリームは使ってないですし娘の機嫌が悪い時は化粧水をふることもできず、

寝静まってからケアすることも…。

よく行く化粧品売場のお姉さんに相談しても時間をみつけて頑張ってください!

と言われてしまいます。

それがなかなか出来ないから相談したのですが…。

実際他のお母さん方はどのようにしているのか気になるところです。

シワやシミを防ぐ為の私の毎日のスキンケア。

私の洗顔は、お化粧をした日は朝と夜の2回ですが、一日中家に居た日は朝の1回のみです。

お化粧をした日は、外から帰ってくるとすぐに洗顔をしてお化粧を落とします。

そしてヨーグルトパックをして、化粧水、乳液をつけます。

帰宅してすぐにスキンケアをすることによって、

外で浴びた紫外線からシワやシミを最小限に防ぐことができます。

ちなみに私は洗顔も乳液も美白効果のあるものを使っています。

そして寝る前には保冷剤で顔を軽く冷やしています。

毛穴を引きしめる効果があるそうです。

ここまで終わると最後にシワができやすい部分(目尻、ほうれい線)

にワセリンをしっかりと塗り込みます。

こうして寝ると、次の日シワが目立たなくなっています。

私の場合塗り忘れた次の日は、肌がカサカサになっていてシワも濃く見え、最悪です。

シミもシワも結構気にしていたのですが、このスキンケアをするようになってからは、

ほとんど気にならなくなり鏡を見ることも楽しくなってきました。

スキンケアの重要性を感じるのが遅かったけれど

20代から30代は、仕事に夢中、結婚すれば、子育てに夢中という具合に、

自分の肌の調子をうかがう気持ちもなければ、その時間も無かったように思うのです。

気付けば、肌は、子育て中に、子供と海に行く機会も多く、毎日、

外で子供と遊ぶという時間が長かった精か、いつの間にか、シミも作っていうたのでした。

それでも、シミを消す対策をこうじる事よりも、シミをお化粧品で隠す事で、

その場をスル―していた事も多くあったように思います。

そし今、やっと子供も我が家から独立して主人と二人ボッチになって、御互いの両親の介護も終了して、心から、もっと肌の手入れをすべきだった、ファンデーション等で隠す事なんてしないで、スキンケアを正しくする事に集中するべきだったと後悔しだしているのです。

やっと重い腰を挙げた私のスキンケアですが、色々と試しつつ、行きついた所が、

洗顔石鹸は私には固形石鹸で泡立てた方があっている事、化粧水は、

美白とハリを与える薬用品がピッタリだという事等でした。

確かに、遅れたスキンケア対策ですが、これからも、

すっぴんでも通用するような肌を目指そうと思って楽しんで、スキンケアをしているのです。

美肌対策に、思い切って、スキンケア化粧品を替えてみる

長年に渡って使い続けていた、スキンケア化粧品を、思い切って、

今日、全て使いきった事を理由に、他のメーカーに替えてみる事にしたのです。

特に、今までのスキンケア化粧品が気に入らなかったのではなく、むしろ、

一番のお気に入りのオーガニックシリーズでしたが、一度、変えると、

肌がどのように反応するのかと試してみたかったのです。

今回は、薬用美白化粧品の化粧水と固形洗顔石鹸、そして、

美容液の3セットを試しに購入したのですが、洗顔石鹸をつかった瞬間にこれは、

かなりいいと思ったので、このシリーズを買い求めた事に満足しているのです。

というのも、今までの品よりもさらに、付け感がしっとりなのに、さっぱりとした、

化粧品の謳い文句通り、雪肌感覚なのです。

我々のように高齢に向かっていく者にとっては、夏や冬の乾燥の中で過ごす事は、

肌にダメージを強く与えるので、お化粧品を気にするまえにまずは基礎の肌造りを

きちんとすることが必要だと痛感中の今日この頃です。

投稿日: 2016年3月8日 カテゴリー: 美白