アーカイブ

今日は丁寧にスキンケアをする美容デーでした

今日はスキンケアを丁寧にしてみました。

まずはクレンジングからスタートです。

ニキビができやすい肌質なので、ジェルクレンジングを使用しています。

クレンジングはゴシゴシ擦らず、肌にダメージを与えないように

優しくよごれを落とすことを心がけています。

そして15回ほど水ですすぎます。

エステに通ってるんですが、エステの方に15回はすすいだ方がいいと聞いて、

この回数になりました。

この時は溜まった水ではなく、流れている水で注ぐことが大切です。

次は洗顔です。

このときに洗顔料にオイルを水滴混ぜて、

よく泡立てて使うと肌がしっとりになりますよ。

オイルはなんでもオッケーです。

泡立てた洗顔料を顔に付け、優しく洗っていきます。

イメージは、手で洗うのではなく、泡で洗う感じです。

そしてクレンジングと同じように、15回すすぎます。

洗顔が終わると、とにかく早く化粧水をつけるようにしています。

そして何回もばしゃばしゃつけていきます。

私は、安い化粧水をたくさんつけた後、

保湿効果の高い化粧水を重ねてつけるようにしています。

その後乳液をつけるのですが、乳液は苦手なので少量だけつけています。

その代わりクリームにまたオイルをまぜ、それをたっぷり塗るようにしています。

とにかく肌が乾燥しないように、刺激がないようにすることが

私のスキンケアのモットーです。

エイジングケアに効果のあるオイルをお試し

乾燥肌に悩まされ、季節の変わり目は特に肌の状態が悪いのですが、

最近はしみやくすみ、吹き出物など様々なトラブルが増えてきました。

すべて乾燥が原因だと思われ、

乾燥を改善するのとエイジングケアを目的にオイルケアをしてみようと考えました。

様々な種類のオイルがありますが、今試しているのがマルラオイルです。

アフリカに生息するマルラの木の実から抽出される美容オイルだそうで、

エイジングサインが気になった人向けのオイルだそうです。

特に、ほうれい線や目元のくすみが気になるので化粧水や乳液を塗った後、

最後に仕上げとしてオイルを塗っています。

マルラオイルには、ビタミンCやEなどが含まれ抗酸化作用はオリーブオイルの

10倍だそうです。

ハリのある肌、くすみのない肌へと働きかけてくれるようです。

このオイルを試し始めて2週間経ちましたが、

乾燥して肌が突っ張ることはなくなりましたし、

毛穴の目立ちが少なくなってきました。

ハリも少しずつ出てきてほうれい線も目立ちにくなってきました。

敏感肌は肌に触れる回数を減らすスキンケアがおすすめ!

肌荒れしやすい敏感肌の私は、

どんな化粧品を使ってもなかなか肌に合うものが見つからず、困っていました。

そこで色んなスキンケア情報を雑誌やインターネットで調べたところ、

たどり着いたのが、「出来るだけ肌に触れないスキンケア」です。

普通、化粧水をパッティングした後美容液を塗って乳液やクリームで蓋をするという

流れがあると思いますが、敏感肌の人は出来る限りその工程をシンプルに

回数を少なくおさめるのが良いんだそうです。

例えばオールインワンジェルのように化粧水や乳液がひとつで

完成するものなどを使えば、必然的に肌に触る回数が減ります。

私はこれまでいろんなものを肌に塗りたくっては浸透させるために

手の平や指で肌を触っていましたが、それさえも肌にとっては

刺激になりうるんだそうです。

市販のオールインワン化粧品を使うようにしてからは、

なんとなく肌荒れがおさまりやすくなってきたように感じています。

吹き出物やカサカサしたかゆみが以前より減ってきました。

これからもオールインワンを使ってみようと思っています。

季節の変わり目の乾燥肌には保湿力の高いクリーム・オイルケアを

年齢とともに乾燥肌に悩まされる女性が多いと思います。

私も以前は乾燥で悩んでいなかったのですが、

季節の変わり目になると頬や小鼻がカサつくようになり、

そのせいで肌がひりひり痛んだり、メイクのりが悪くなったりしてきました。

乾燥がひどいときは、できるだけ保湿力の高いスキンケアに切り替えることが

必要なようです。

私は乾燥が気になり始めたら、化粧水を高保湿タイプに変え、

乳液のあとにクリームを塗ったり、オイルで潤いをプラスするように心がけています。

クリームはシアバターが配合されたこっくりしたテクスチャーのものを、

オイルは肌なじみがよく全身にも使えるホホバオイルを使用しています。

乳液だけだとどうしても乾燥が防ぎきれないので、

必ずクリームかオイルを使います。

こうするだけで、毎日根気強くスキンケアを続けていくこと数週間、

乾燥で皮ムケしていた頬がしっとり落ち着くようになったんです。

夏場は乾燥しないので乳液だけで済ませますが、

季節の変わり目にはプラスアルファのスキンケアがおすすめです。

女性の肌はいろんな苦悩が待ち構えていることを考えて

肌のお手入れは女性にとって年中無休の重要な日課です。

朝おきて洗顔後の化粧水、美容液、乳液、日焼け止めなどなど、朝からいろいろと大変です。

しかし朝のお手入れはとても重要だと思います。

シワの原因とも言われている紫外線を日中は待ち構えています。

そして年中通して降り注いでいます。

なので私は毎日たっぷりの日焼け止めを使用します。

もちろん顔だけではなくデコルテ、手、髪の毛にもスプレー状のものを使用します。

防御力を高めます。

だけどこんなにたっぷり使っているとすぐなくなってしまいますね。

だから薬局で安いものを購入して使い分けています。

正直たまに男性がうらやましく思います。

何も気にせず出歩きたいと。

たまに気はゆるんでしまいますが、毎日がんばっています。

やっぱりシワもシミも嫌ですからね。

夜のスキンケアはやっぱりお風呂が一番好きです。

1日の疲れも吹っ飛びますし、最高ですよね。

私はお風呂にはバスソルトと保湿用の入浴剤を入れています。

バスソルトは体がポカポカになりますし、入浴剤は保湿だけでなくいい匂いにも癒されます。

お風呂をでてボディクリームをぬりますがこれもまたいい匂い。

私にとっては匂い大事です笑!夜のスキンケアは癒しが多いですね。

最近顔のたるみが気になってきたのでリンパマッサージも取り入れようかと考え中です。

食事にも気をつけたほうが良いかもしれませんが無理なくコツコツやっていきたいと思います。

首のスキンケアしてますか? 年齢は首に出ます!!a3a7715f71af9fb109a549142bb8cb79_s

男性は基本的に化粧をしないので女性以上にスキンケアを意識していないと老けて見られます。

そうは言っても一般的なおっさんはスキンケアに興味がなく、

顔がカサカサだったり、シワやたるみで人相が悪くなることもあります。

その点女性の方は比較的スキンケアに気を配り、若々しさを保ち続けていらっしゃいます。

しかも最終手段は化粧で若々しいメイクをすることで、

いつまでも素敵な方もたいへん多くいます。

でもそんな女性でも首のスキンケアをしている方はどれだけ居るでしょうか?

首も同じ皮膚ですので、スキンケアをしないとそれなりに劣化します。

しかも顔と違って化粧をすることがないので、重ねてきた年月は明らかに首に出ます。

私はもう40過ぎたおっさんですが、若い頃から老け顔でしたので少しでも

若く見られるように10代の頃から首のスキンケアもしています。

重ねてきた年月を少しでも感じさせないように首のスキンケアを始めてみては如何ですか?

乾燥肌が冬になると余計乾燥肌になり手荒れがひどい

私はもともと乾燥肌です。

夏はほとんど気にならないけど冬になると乾燥がやばいです。

特にやばいのは手と足。

足は最近発覚したことはそれまで膝が粉をふいてしまうくらいだったのが

電気カーペットのせいでくるぶしまでもかさかさになってしまいました。

正座をして座ることが多いのかくるぶしまでやられてしまいました。

ひどい時は皮がめくれてしまいクリームを塗る時も痛かったです。

結構重症でした。

お風呂上がりには乾燥がひどい部分にボディクリームを塗っています。

使用しているクリームは子供と一緒に使えるクリームです。

あとは家事をするせいでか手の乾燥も結構ひどいです。

朝起きてから家事がひと段落してからと夜寝る前のハンドクリームはかかせません。

メーカーは特にこだわっていませんが今は最近もらった

ロクシタンのハンドクリームを使用中です。

手でも乾燥しているだけで老けてしまうのがとても残念です…

早くあったかくなって乾燥がなおることを祈るばかりです。

今年の夏は猛暑らしい…夏の紫外線は女の敵!!!

女性のみなさんはわかりますよね?この大変さ。

夏がまた来ます。

テレビで今年は猛暑だと言っていました。

ここは南国沖縄なので普通でも夏は、ジリジリ太陽サン…

洗濯物ほしてるだけでTシャツ焼け運転中はサングラスが特に夕方はてばなせません!

そんな状態でスキンケアを怠れば何が起きるかは、わかりますよね?

日焼け止めをぬっても汗をかけばすぐ落ちるのでなかなかこまめにぬりなおすこともできません。

そうしたら夜、スキンケアにかけるしかないのです。

私は何と言ってもジェルタイプの化粧水をつかいますが、

その前に化粧水が染み込んだパックを必ずつけます!

それはもう誰が何と言おうとやります!水分がなくなって、勝手に顔から落ちるまでやります。

そのあとにジェルタイプの化粧水をつけます。

この時点で結構プルプルです。

そこからクリームで保湿します。

何より水分が大事なので水分を入れることに時間をかけてます、

そのあとはクリームで蓋をするだけです!おためしあれ!

日々の肌のコンディションに合わせたスキンケアの重要性

私は30代後半の主婦。

お肌の曲がり角は意識しつつも、普段のスキンケアでこれといったトラブルもなく、

ここ数か月過ごしていたのですが先日ちょっとしたトラブルが・・・

原因はお土産でいただたマカダミアナッツでした。

元々ナッツ類は油分が多いので控えていたのですが、

一口食べてその美味しさに感動してしまった私。

気が付くとパクパクと限度をこして食べてしまったのです。

その夜のこと。

入浴して肌を整えようとした私は口の周りに違和感を覚えました。

見ると口の周りにはニキビのような赤い吹き出物が数個できていたのです。

慌てながらもいつものスキンケアで終えてしまったのが良くなかったのか、

翌日になるとさらに吹き出物は増えていました。

これでは大変と馴染みのドラッグストアのビューティーさんに相談したところ、

吹き出物が治るまでは乳液とクリームの使用を差し控えるようにアドバイスをいただきました。

結局吹き出物が完治するのに数日要しましたが、

肌の調子に合わせてあの時にスキンケアを変えなかったもっと長引いていたと思うと

ぞっとします。

日々肌の調子は変わるもの。

それに合わせたスキンケアが大事なんですね。

肌は気まぐれ、いつも気にかけなくちゃいけないよ

昔から、肌トラブルに悩まされてきました。

小さい時はアトピーが酷くて肌がものすごく痒かったり、

掻き過ぎてじゅくじゅくになったりしていました。

思春期になるとニキビが出来たり乾燥肌で首が

ガサガサになってになって赤黒くなってしまったり皮膚科に行くことも多かったです。

大人になった今でも気を抜くと肌の調子が悪くなってしまうので

いつも肌の調子は気にしています。

私の場合、基本的に敏感肌用のスキンケア用品を使っています。

どうしても洗浄力の強い洗顔とかを使うと肌がピリピリしたり赤くなったりするので

刺激の弱い商品を使っています。

そして、女性の場合ホルモンのバランスで生理前になると肌が敏感になったり

吹き出物が出来やすくなるので、そういったことも考慮しながら

生理前には肌のピーリングやパックを使用するのは控えたり、

新しいスキンケア用品や化粧品は使用しないようにしています。

また特に気を使っているのは保湿することです。

冬場はもちろん夏場もしっかりと保湿することを大切にしています。

なので、保湿力の高い商品を選んで使っています。

ようやく見つけた!私の肌にぴったりのオールインワンジェル

二十数年の私の人生で、肌トラブルのない時期はほとんどありませんでした。

小学校高学年からニキビができ始め、中学、高校、大学、

いつもいつも繰り返しできるニキビとニキビ跡に悩まされ続けてきました。

20代半ばでようやくニキビが落ち着いたものの、ニキビ跡は残ったままで、

最近ではシミやくすみなど新たな悩みも出てくる始末です。

肌質も安定せず、これまでありとあらゆる基礎化粧品を使ってきましたが、

どれも納得できないものでした。

また、私はズボラな性格なので、簡単にお手入れできるものを探していました。

そしてようやく、楽に手入れができて効果のある化粧品を見つけました。

いろいろ調べて保湿にはセラミドがいいという情報を見つけたので、

それを参考に薬局でいろいろ探してみると、

セラミドとコラーゲンが入ったオールインワンジェルを発見しました。

でも、これも他のものと一緒だろうなとあまり期待はしていませんでしたが、

ちょうど今まで使っていた化粧水とクリームを使い切るころだったので、

ダメもとで買ってみることにしました。

買ってから早速使ってみると、半透明のジェルでパールぐらいの大きさを手に取って伸ばし、

顔全体につけてみました。

すると、すーっと肌になじんでいきました。

私はべたべたするのが嫌なのですが、このジェルはべたつかず、

かつしっとりしていて最高の使い心地です。

しかも、このジェルひとつで化粧水、美容液、乳液、クリーム、パック、

ブライトナーの6役が入っているので、ズボラな私でも楽にお手入れができます。

私にぴったりのジェルを見つけてテンションが上がったので、

この調子でニキビ跡や他の肌トラブルに効果のある方法や化粧品を見つけていきたいと思います。

週2~3回の酵素パックで肌がワントーン明るくなる?

日焼けしたわけでもないのになんだか肌が黒ずんでいるな~と感じるこの頃。

酵素パックを始めることにしました。

なんだか顔が疲れてる、くすみがある、

毛穴が気になる…と気になりだすとキリがないのですが、

やっぱり日常のケアにプラスしてスペシャルケアも必要なんじゃないかと

年を重ねるごとに実感しています。

選んだパックのタイプは粉状の酵素パックで使用するときに少量の水に溶かして

顔にパックするもの。

最初にお風呂の中で試しましたが湿気が多いせいかダラダラと

顔からパックが流れ落ちてしまいました…。

なので2回目以降はお風呂上りに顔の水気をタオルでふき取ってからすぐに変更。

そうするとお風呂で開いた毛穴が閉じる前にしっかりとパックが

毛穴の汚れに吸い付いているような感覚に。

数分間そのままにしておくと固まってきますが、

時間が長すぎるとそれはそれで肌を痛めてしまったり、

しわになってしまったり逆効果なんですよね。

乾きすぎないうちにぬるま湯で洗い流します。

そうするとなんだか肌がワントーン明るくなった気分!

やりすぎも良くないかなと思い、週2~3回にしてますが、

肌のきめも細かくなったような気がします。

やっぱり30歳を過ぎると厚くなった角質をある程度はがしてあげるためには

定期的な酵素パックでのお手入れが必要なんだなと実感しました。

これからも続けていきたいと思います!

みけんのしわと乾燥対策は意外と簡単な方法でOKだったんです。

私のママ友さんたちは、第一子のお母さんたちが多くて、つまりお若いんですよね。

うちはもう三人目なので、あれこれ頼りにされているなと思うことも多いです。

私もママ友さんから若いエネルギーをもらえて、

楽しくお付き合いさせてもらっているのでありがたいのですが、

この間そのうちのお一人からとっても良いことを教えてもらいました。

その方はいつもにこにこされている感じの良い方で、

メイクもナチュラル系の、親しみやすいタイプの方なんです。

話題も豊富で話していて楽しい方ですね。

それで、なんとなくスキンケアの話になった時に、

化粧水をつけるコットンにたっぷり乳液をのせて、

まゆとまゆの間にのせてケアしているということを教えてもらいました。

確かに、顔全体にパックを張り付けている時にはあまり気を払わない場所なんですよね。

でも、人と話をする時に、意外と見られている場所なんだそうです。

確かに言われてみれば目の辺りって見ますよね。

なるほど、と思い、私もそれからその部分をケアするようにしています。

コットンがちょうど良い大きさで、しかも乳液を使うというのがお手頃なんです。

これは長く続けることができそうだと思ってやっています。

乾燥もこの辺りから始まるし、みけんのしわは作りたくないですものね。

こうやって意識するだけでも表情も明るくなったと思っています。

意外な盲点のまゆとまゆの間のケア、結構お勧めですね。

目じりのしわで、年齢を判断されているかも。気をつけてます。

やっぱり年齢って目じりのしわに表れるなと思います。

どんなに素敵な洋服でおしゃれしていても、

ママ友さんの年齢ってやっぱりお顔で判断する部分が多いんですよね。

親しくならないと、年齢は聞けないし、

子どもの関係もあるから当たり障りなく敬語から

だんだんため口になっていくものなんですけれど、

この人は確実に自分より年上だと思うとどうしても敬語になってしまいますよね。

幼稚園のママ友さんとは顔を見ながらお話する機会も多いので、

ついついお顔を見て、この人は年上かな、同じぐらいかな、と考えてしまいます。

目じりのしわってかなり印象も強いので、私は結構気を使ってケアしています。

といっても普段のスキンケアの最中にちょこっと手を加えているだけなんですけど、

今のところ目じりのしわ対策としては自分としては上手くいっていると思っています。

それはとにかくこすらず、優しくさわることと、最初と最後にかならずケアすることなんです。

化粧水も最初はほほにばしゃっとかけがちなんですけど、

指のはらに化粧水をつけて優しく目じりを抑えます。

コットンパフは使わないようにしています。

やっぱり自分の指が一番だと思いますね。

間違って目の中に化粧水が入ることもありませんし。

乳液も美容液も同じです。

最初と最後にやると決めておくと、かなり丁寧に扱うことができます。

しかもあまり触らないようにできますし。

このあたりの皮膚は薄いらしいので、

最低限の接触で最高のケアをということを気にしてやっていますね。

フィットネスクラブに通った後は丁寧なスキンケアとノーメイク。

フィットネスクラブの後のスキンケアって、意外とずさんにやっていませんか。

私は週に3回はフィットネスクラブに通っているんですけれど、

更衣室で見てると、ちゃちゃっと済ませている方も多いですね。

年齢に限らず、かなり丁寧にやっている方は、

やはりもちもちとした良い状態のお肌をキープしている方が多いように思います。

あまりじっとみると失礼なのでちらっと見る位なのですが、

美肌の方は化粧水をつけるにもかなり丁寧です。

決してばちゃばちゃさせていません。

しっかり押さえて浸透させている手つきでかなり違いがでると思っています。

私もタオルドライをした後、時間をかけて化粧水をつけるようにしていますね。

メイクよりもスキンケアの方に時間をかけるようにしています。

もちろん洗面台を占拠し続けるようなことはしないですよ。

その後、たっぷりめに乳液をつけて、ファンデーションは塗りません。

フィットネスに行って汗をかいた後、すぐにファンデーションをつけてもよれてしまうし、

すこしお肌を休ませると調子が良いみたいです。

帰りは車なので、お化粧する必要もないので、

薄つきのリップを塗る程度にとどめています。

普段の夜のケアの後はすぐ寝てしまうので分からないのですが、

フィットネス後にメイクなしでしばらくいると、

乳液と美容液の効果を肌で感じることが出来るんですよね。

特に美容液の使用感も確認できるので、替え時なんかも分かりやすいですよ。

日中、しばらくスキンケアの調子を確かめる時間を持つことは、

もし時間的余裕のある方や、週末などにはお勧めです。

疲れてだらだらしたい時でもなんとかスキンケアを続ける方法

仕事が忙しい時は、家に帰ると疲れてメイクを落とすことすら億劫になります。

でもスキンケアを怠ると、今はよくても10年後、20年後が怖いです。

私はメイクも落とさずシャワーも浴びずに寝落ちする日が続いた時期がありました。

そのときに、メイクを落とさずに寝るのは、

雑巾を顔に当てるのと同じくらい不潔なことだと友達から聞いてびっくり。

そこで、何とかしないとと思ってベッド脇にスキンケアの道具をすべて揃えて

置いておくことにしました。

拭くだけでメイクが落ちるコットンや、拭き取り化粧水、

クリームなどなどいろいろ置いてます。

何にもしたくないときは、ベッドに横になりながら、

だらだらテレビを見ながらでもお肌の手入れをしてます。

丁寧なケアに比べたらダメダメだとは思いますが、

しないよりはマシでしょ!と思って続けてるところです。

もちろん、気分的に余裕のあるときは丁寧に化粧水をパッティングして、

パックして、日頃の罪滅ぼしを試みてます。

自分に合ったハンドクリームをさがしてみる

独身の頃、私はハンドクリームが嫌いでした。

べたべたした感じが作業などの妨げになりそうで嫌だったのです。

でも結婚して家事をすることが多くなり、手荒れがひどくなりました。

エイジングケアも気になり始めました。

そこでいろいろなハンドクリームを次から次へと試してみましたが、

でも手荒れはなかなか解消しません。

何種類も試してみた結果、ようやく自分に合うハンドクリームを見つけました。

花王の「キュレル」ブランドのクリームです。

保湿成分のセラミドが含まれているところが、自分に合っているようです。

敏感肌用に開発された製品で、香料やアルコールが含まれていないので、安心して使えます。

このクリームを使って、手荒れの症状がようやく落ち着いてきました。

他方で、手荒れに良いとされる尿素が含まれているハンドクリームは、私には合いませんでした。

手荒れがかえってひどくなってしまうような感じなのです。

使い始めた頃は理由がわからなかったのですが、

ある日「尿素は皮膚の一部を溶かす作用がある」といった内容の記事を読んで納得しました。

尿素が含まれるハンドクリームは、私には刺激が強すぎるのです。

最近、キュレル以外でもよいと思うハンドクリームを見つけました。

ファンケルの「ハンドクリーム モイスチャーリッチ」です。

以前景品として無料で入手したもので、キュレルのハンドクリームがなくなったので、

せっかくだからあるものを使おうと思って試してみました。

こちらもつけると手がしっとりします。

大人アトピーになって生き方が丁寧になったお話♪

ある日突然、健康優良児のわたしが全身かゆくなってしまいました。

肌が乾燥して、ついついかきむしってしまう…。

我慢ができないので病院に行くと、「アトピー性皮膚炎」と診断されました。

小さい頃はアトピーなんてなかったのですが、どうやら大人になってから発症したようです。

そして「規則正しい生活」と「きちんと薬を塗ること」を徹底するように言われました。

そこで、きちんとした生活を送るよう気をつけ、

またお風呂あがりに清潔な手で薬を塗るようにしました。

すると、少しずつかゆみが引いていきました!毎日の習慣って大事なんですね~。

今でもアトピーは続いており、ずっと付き合っていかねばなりません。

以前のわたしは面倒くさがりで夜更かし大好き、

とても規則正しいとはいえない生活を送っていました。

ですが肌のためにきちんとした習慣を身につけることができました。

アトピーになって大変だったけれど、おかげで毎日を丁寧に生きるようになりました。

これからもアトピーとしっかり向き合っていきたいと思います!

肌が乾燥するのでは保湿対策でしっとり肌を目指す

冷暖房でどうしても乾燥するので乾燥対策に力を入れています。

しっとりする化粧水と乳液を使っています。

乾燥対策にはパックで保湿も便利でおススメです。

肌がしっとりしていると、ファンデーションのノリも違います。

若いときなら少しくらい保湿に力をいれなくても大丈夫なのですけど、

アラサーやアラフォーになると保湿でしっとりさせておくと化粧ノリが違いますので

毎日の肌のケアが大事になります。

お風呂でちょっとパックしてみたりとかもお風呂の蒸気で肌のきめ細やかになっていいです。

化粧水は高い安いよりもたっぷり使うほうがしっとりしやすくなると思います。

私は安い化粧水を身体にも使っています。

肌に浸透してもらうために、角質ケアも力を入れてます。

角質があるとせっかくの化粧水をきちんと肌が浸透しない気がします。

化粧水をつかう前に朝はふきとり化粧水でケアして、しっとり系の化粧水と乳液でケアします。

夜はパックでケアでとくにエステや高額な化粧品をつかわなくても美肌でいられます。

朝起きて、鏡を見るのが憂鬱になるこの頃です

朝起きて、鏡を見たらびっくりです。

顔のほうれい線がくっきり、はっきり残っているんです。

今まで気づかなかったけど、これ、いつからだろう。

この前、友達が泊まりに来たけど、見られたってことですよね。

ちゃんとスキンケアしてるのに、どうしてでしょう。

顔を枕に押し付けて寝てるから、跡になっちゃったんでしょうか。

年齢的に、肌にはりがなくなってくる時期です。

これからは夜のスキンケアも、手を抜けませんね。

とりあえず、化粧水を2プッシュから3プッシュに増やします。

あとは、週1だったパックを週3くらいに増やそうかなと思います。

マッサージも効果的ですよね。

朝起きたら、布団に入ったまま顔をモミモミします。

顔の筋肉も目覚めさせないと。

次第に弛んできますからね。

素っぴんでも見るに耐えられる肌になりたいです。

あくびをしてもほうれい線に跡が残りますもの。

直すのに、どれだけマッサージをしていることか。

あくびも自制しているくらいです。

日々、努力の毎日です。

年齢を合わせたスキンケアをする

スキンケアは長年同じものを愛用しているとなかなか他のものを使ってみようとは思わない人が多いなと感じます。

私もやっぱり長く続けているケアには安心感があるし、変えることってやっぱり勇気がいります。

ただ年齢を応じて見直していくことが必要じゃないかなと思ってはいます。

いつまでも同じケアで同じ肌状態が保てるなんて思えないからです。

年齢によって出てくる悩みに合わせたケアに切り替えていく必要があると思います。

若い時の肌質と歳を重ねてきた肌質とは現実問題、やっぱり大きく違いがあります。

また身体の変化もありますし、日頃の生活スタイルだって変わってきています。

それなのにスキンケアはいつまでも変わらないということはあり得ません。

どれだけ若いお肌を保っていようとも、それ相当の年齢に応じたケアを加えていかなければ、

人間は生き物ですから自然の節理にはかなわないのです。

早めにそれを受け入れて、肌のメンテナンスをしていかないと後で手遅れなんてことになったら嫌だし、

一年一年、私は肌の感じ方に少々敏感になっています。

早めに年齢対策するのは別に悪いことではないですよね。

ただ予算が許されればの話ですが。

スキンケアじゃ解決しない肌の跡

歳を取ると肌についた跡が取れにくくなると聞いて、

いやーそんなところで肌年齢が出るのかと思うとなんだか怖くなりました。

最近朝の起きたら枕後とか、うつ伏せになってて赤くなった後とか時間がたっても戻らないなと

感じる時があるんですが、それもまさに年齢のせいなのかと思い返してしまえばなんだか悲しい現実です。

しかも洗顔してもスキンケアしても取れないんですよね。

こういった表面状からわかってしまう年齢肌もアンチエイジングケアなんかで解消することが果たしてできるのでしょうか?

それならいち早くアンチエイジングケアを取り入れて、少しでも若返る肌作りを始めたいと思います。

これもどれも代謝の問題なのかもしれません。

例えば傷だって、若い肌の方が治りも早いし、後も残らないけど、

歳を重ねてからできた傷後はなかなか綺麗に消えなかったりする。

最終的に黒ずんだり、シミみたいになったら最悪ですよね。

常に若い肌でいるためにはアンチエイジングケアももちろんですが全身の代謝を上げて、

肌を若々しく保つことがベストなのでしょうね。

妊娠中のスキンケアについて

妊娠中は女性ホルモンが活性化されるようで、お肌の状態が意外に良かったりします。

妊娠によって身体の変化の現れや体調の変化もあることから、

スキンケアにおいてもあまり今までと同じようにしなくちゃと頑張りすぎす、

できる範囲でお肌が心地いい程度に整えたら十分だと思います。

妊娠中に肌の状態が気になったのはもはや顔とかの大部分よりも目元や口元などの部分的な変化でした。

とても体調が現れやすいこの辺りの部分はやはりお肌の状態にも関係するようで、

鏡を見る度に目元が疲れているように見えたり、くすんでいるように見えるし、口元もガサガサでした。

なるべくこの辺りはのちのち年齢的にも出やすいところなので早めに対処しないとと思い、潤いを多く与えるように気をつけてはいました。

ただ意外にハリツヤはとても良くて、スキンケアを少しサボってもあまり気にはなりませんでした。

だけど油断は禁物。

やはりその間にも必要な水分や潤いを確実に奪われているようで、産後の肌の乾燥は後からやってきました。

産後は肌の質や体質も変化するといいますからより一層スキンケアに注意した方がいいですね。