アーカイブ | 3月 2016

体の中からの健康や美容は難しいけど、たまにのストレス解消は最高

 

Beach

毎日の食事ってどうですか?美容や健康に気を使ってますか?

気を使いたいって気持ちは、本当にあるんですよ。

野菜を沢山とれるように煮こんでスープにしちゃおうとか、

体の中からきれいを目指すっていうことをしようと思っても、

やっぱり時間や費用に余裕ってないんじゃないですか?

そういう時のスキンケアで一番いいのは、ストレス解消になるものをみつけることにあります。

保湿も本当に必要ですが、楽しいことをしているときの顔って

本当にきれいじゃないですか?自然の力って本当にすごいって思うんですよ。

だから、私のスキンケアは、とってもお安い方法でドラッグストアの

化粧水を大量に贅沢につけてみるっていうことをしてます。

年の1回の最大の贅沢としては、頭の先から、足のさきまで化粧水でケアをします。

本当は、毎日でもしたいんですが、やっぱり時間がつくれないのもあるんですよね。

けどそんなささいな贅沢が私のストレス解消&スキンケアの方法です。

プチプラで出来るスキンケア!値段より自分に合ったものを!

私は20代後半です。

スキンケアには若い頃から気を使ってきましたが、

最近は高いものを使ってもあまり変わらないかもと思っています(笑)

もともと生まれつきの肌質もありますしね。

それで最近は口コミでプチプラで買えるものでスキンケアしていますが、

わりと肌の調子がいいです。

ハトムギ化粧水と無印のエイジング化粧水、乳液、美容液を使っています。

敏感肌で肌が弱いっていうのもありますが、乾燥もしなくなり、化粧のノリも良くなりました。

洗顔するときは、最後に冷水で毛穴を引き締め、

化粧水も冷蔵庫で冷やしてから使うなど、少しの手間をかけただけでも大分変わります。

特に乾燥が酷いときは、身体に白色ワセリンを塗っています。

身体だけでなく、唇にも塗りリップクリーム代わりにもなりますよ。

スキンケア用品は、ブランドや値段が良いものはそれなりに良いと思いますが、

やはり自分に合ったものを使うのが一番良いなと思います。

特に肌が弱い方には白色ワセリンを使っていただきたいですね。

朝は時間がないけれど、化粧水と乳液はコットンでつけよう!

この間化粧水と乳液を買いに行ったら、キャンペーンカードが全部溜まったとかで、

特典のプレゼントをもらえました!コットンとコットンケース、美容液のおためしサイズです!

私は夜はしっかり時間をかけてスキンケアをしていますが、朝はとにかく時間がないので、

ドラッグストアの化粧水と乳液を手でパシャパシャとつけて終わらせていたんです。

でもこれだと、その後つける化粧下地のノリがものすごく悪いんですね。

そこでもしや・・・と思い、朝もちゃんとコットンにつけるようにしてみました。

使ってる基礎化粧品自体は一緒です。

(私の基礎化粧品は朝は安いもの、夜は効果なもの、と使い分けています)そうすると、

下地がきれいにつくし、ファンデも塗りやすい気がする!ちなみにファンデも

ドラッグストアの1000円いかなくらいの安いものです。

化粧品は値段もそうだけど、使い方が大事なんだなあーと実感しました。

夏は特に汗をかきやすくてお化粧が崩れやすいし、逆に冬は乾燥しているので厚塗りになりがちだったり。

朝は時間がなくてメンドクサイけど、基礎化粧品はきちんとコットンでつけよう!と思ったのでした。

デコルテも化粧水などできちんとスキンケア

スキンケアというとフェイスラインに集中しがちですが、

そこだけきれいでも全体的に見たら不自然と感じます。

メインの顔からアゴ、そこから胸元までもスキンケアのポイントパーツ、

まだ夏気温ですから洋服は襟が丸首とかUタイプ、ここもフェイスラインと

同じくらいの質感であるのが理想です。

お風呂上りはフェイスケアするついでに首筋から胸元の上まで化粧水をパッティング、

美容液も少し多く手元にのせたらつけたりします。

ボディケアには贅沢かなと思いますが、胸元やデコルテの皮膚も顔と同じように薄い感じなので、

美容成分でのスキンケアは必須です。

ボディケアでは足元からふくらはぎの脚部分もピンポイント、

お風呂上りもムダ毛手入れしても化粧水やボディーローションで仕上げ。

硬くなりがちな踵も柔らかい肌でいられるようにケア、

身だしなみでもあるし硬くなってからじっくりのケアしなくても良い様に。

フェイスケアからいろんなパーツのボディケア、

足以外のところでもお腹やヒップ、ここもスキンケアするところですね。

投稿日: 2016年3月31日 カテゴリー: 保湿

保湿はしっかり、きらしてはダメです。お肌のカサカサは最低です

Bokeh

今日の私はいい事始ってことで、部屋の掃除をはじめてみました。

部屋がきれいだと心もきれいになるって本当なんだなぁって実感しました。

昼から友達とでかけるので、その準備をはじめて、びっくりしたことが、なんと・・・

いつも使っている化粧品がなかったんです。

そういえば昨日、酔ってかえってきてこぼしたままそのままにしてしまったんです。

このまま顔にメイクなんてしたら、カサカサッになるのはみえてます。

そこで私はなにをおもったのか、豆乳を顔につけることにしてみました。

よくいうじゃないですか、豆乳イソフラボンがいいっていうぐらいですから、

とのんきにかまえていたんですが、多少はもっちりとなった気がしましたが、

所詮豆乳、なんとか化粧をして外出しました。

途中でもちろん化粧なおしにいつもの保湿剤を購入したので、なんとかなりましたが、

女のとしてどうででょう・・・。

自分の女子力のなさにかなりがっかりしてしまいました。

これからは、きっちり、洗顔・保湿はしっかり、もちもち肌をしっかりしていこうと心に決めました。

毛穴ケアできる化粧品。今では手放せない一品です!

近頃、お肌の毛穴が広がって目立つようになりました。

年齢のせいかもしれないけど、諦めたくはありません。

なので、毛穴ケアができる化粧品をいくつか試してみましたが、

はっきり言ってどれも満足いく結果にはなりませ んでした。

しかし、ついひと月ほど前から使い出した美容液は、なんか他のとは違うみたいという感覚があります。

トライアルセットで2週間使ってみて、頬の肌触りが良くなったようです。

しかも化粧乗りが良くなっている気がします。

これは使い続けたほうが良いかもと思い、美容液だけ購入してひと月経ちました。

美容液は、ジェルの表記がありましたが、

手のひらに落とした感覚はオイルみたいにトロリとしています。

それを指先で毛穴が目立つ箇所へ伸ばしていきます。

透明オイルで匂いもないです。

肌の赤みも、心なしか薄くなったみたいです。

毛穴が気になるなら保湿性の高い化粧品を、って言われてますが本当だったんですね。

これからも使い続けたいと思っています。

意外な落とし穴 家の中でも紫外線を浴びてますよ

美肌やアンチエイジングをめざす人にとって、紫外線は大敵ですね。

外出時の日焼け対策は当然としても、うちにいるときって、みなさん、どうされてますか。

わたしは今朝も、起きて顔を洗ったら、すぐに日焼け対策しました。

日当たりのいい部屋で過ごすときはもちろんのこと、そんなに日当たりがよいとは

言えない部屋でも、照明をつけずに過ごせるということは、紫外線も入ってきているってことなんです。

だから、わたしは、基礎化粧品をつけたら、すぐに日焼け止めを顔全体にぬっています。

そして、まぶたが特に焼けてしまうので、まぶたには、日焼け止め効果の高いスティックを重ねます。

きょうは、仕事はお休みですが、すぐにファンデもぬりました。

さらに、まぶたにはファンデを重ね塗りしました。

チリも積もれば山となる、以前は赤黒かったまぶたが、

いまではそんなに気にならないくらいの状態に回復しています。

さあ、これから大好きなアールグレイでひといき入れよっと。

みなさんも家の中でも気をつけて。

投稿日: 2016年3月26日 カテゴリー: 保湿

値段なんかかんけいない、保湿は浸透させることが大事

毎日ズボラな私が続けているスキンケアといえば、ドクターシーラボさんのエンリッチソフトです。

なんか名前や入れ物の色からして、ゴールドでめっちゃゴージャスな気分になりますが、

簡単にいうと、オールインワン化粧品なんです。

なんで保湿は完全にこれだけにたよってます。

けど若いころは本当にこれだけでも十分だったのが、自分でもわかるぐらい周りから、

お肌がぷにぷにできれいってよくいわれてました。

ですが・・・いまアラフォーにさしかかってからは、

これだけでは、だれもほめてもくれなくなりました。

つまりは、これに浸透美容液をたしていく方法をとって、

より肌の中に浸透させていくしかないのかなって思ってます。

外からだけではやっぱり限界がありますよね。

毎日鏡をみていても肌の状態は、どんどん悪化しているのが目に見えてます。

なので、特に大きくなったシワの溝を薄くするために、美容液をどんどん使っていくかないのです。

それを旦那はどう思っているのかわかりませんが、

これぐらいは許してもらえないと、専業主婦もやってられません。

直接に化粧品をつけるだけでなく、言葉かけのスキンケア

普段のお顔のお手入れは人によって全く違ってきますよね?

そんな中で世間の口コミやテレビCMについつい目がいっちゃうのは、人間として当たり前です。

だってより一層きれいになりたいって思うのは、みんな女なら当たり前じゃないですか。

だからこそなんでも試してみようって思う気持ちを世間の旦那様はとめないでほしいですよね。

そりゃ、これを使ったから、あの美しい女優さんになれるかっていったら、

そりゃ確立的にすくないでしょうが、何歳になっても女なんですよ。

だからこそ、化粧品を販売している会社は常に上を目指して、

研究しているっていっても過言ではないんです。

だからこそ、世間の旦那様たちにいいたいのは、毎日愛してるなんて

言葉は恥ずかしいかもしれませんが、今日もきれいだね・・きれいでなくても髪がきれいだね・・

服装がにあってるよとかいってください。

この言葉が、どんな化粧品にも勝るスキンケアです。

本当ですよ。

化粧品も使うのも心うきうきになりますが、言葉も大切だって覚えておきましょう。

幼稚園児だって女子力あり、おっちゃん主婦は考える

そういえば、こないだ幼稚園児の娘に「私の足にこんなに毛がはえていたら、

アイドルになれない」すごく驚きな発言をと言ってきました。

いまどきの幼稚園児は、すごいですね。

こんなに小さいのにムダ毛のことが気になるみたいです。

母親目線からみても、そんなにはえているようにみえないし、

他の子のがすごい子だっているんですよ。

けど前に一回だけ、鼻毛がでていることを本人にいってしまったことがあったので

それも気にしているみたいです。

私のせいなのかもしれませんが、もう女子力ってやつがでてきているなら、

おっちゃんみたいなお母ちゃんがなんとか願いをかなえてやろうと思い色々考えまして、

今は脱毛さすのはよして、大豆イソフラボンとか配合の毛がうすくなるとかいわれる化粧水でも

与えて、少しずつ対策をねって行こうかと思ってます。

いずれは、いろんな脱毛についても教えていかないといけないし、

お肌のケアも教えてあげないといけないのに、私も女子力をあげるために化粧品の

勉強を一生懸命してみようかなって思ってます。

初めての化粧品でお肌もっちり、これから女子力アップ

最近化粧品のサンプルを頂きました。

それもいままで化粧品をさわったことがなかったので、心配されて、

友人が化粧品の販売員をしているので余計に心配してくれたみたいです。

いままで本当に100均の化粧水しかつかったことがなかったんですが、

やっぱりお金がかかるものは本当に違うってことが、20歳すぎて初めて知りました。

今までは、若さにかまけて、ほとんどすっぴんだったんですが、

この化粧品をつけると、さわってみるともっちりした肌なんです。

だてに大手メーカーにはまけませんが、営業レディが化粧品を売っているだけあります。

しかもホームエステも3千円でしてもらえるので、これが本当の女子力なんだって感じでます。

お肌には、自己治癒力があるとはいえ、それをたすける化粧品もこれからも使っていって、

人生初の彼氏ゲットを目指して行こうと思ってます。

かわいい女になれても、内面も磨きもわすれずにがんばります。

睡眠もしっかり、野菜もしっかり食べて、ダラダラした生活もやめていくつもりです。

投稿日: 2016年3月24日 カテゴリー: 化粧品

出産前と出産後で変わったスキンケアの方法

現在妊娠9ヶ月・1歳の娘のママです。

私は敏感肌なのですが産前は化粧水(コットンでポンポンと

よく肌に馴染ませそのままコットンパック。

最後に手のひらで押さえる)→美白美容液→乳液(指でくるくるマッサージする感じ)

→保湿クリームとしていました。

化粧水と乳液は夏はさっぱりのタイプ、冬はしっとりのタイプと使い分けています。

産後も娘が寝転がってる間は同じようにケアしていましたが、はっきり意思表示をしたり

ハイハイをしたり歩くようになってからはお風呂上がりに時間をとることが難しくなってきました。

なので、とりあえずお風呂出たらミスト状化粧水をプシュ〜っとして、

娘のことが一通り終わってから美白美容液と乳液をささっとぬる…という形になってしまいました。

保湿クリームは使ってないですし娘の機嫌が悪い時は化粧水をふることもできず、

寝静まってからケアすることも…。

よく行く化粧品売場のお姉さんに相談しても時間をみつけて頑張ってください!

と言われてしまいます。

それがなかなか出来ないから相談したのですが…。

実際他のお母さん方はどのようにしているのか気になるところです。

シワやシミを防ぐ為の私の毎日のスキンケア。

私の洗顔は、お化粧をした日は朝と夜の2回ですが、一日中家に居た日は朝の1回のみです。

お化粧をした日は、外から帰ってくるとすぐに洗顔をしてお化粧を落とします。

そしてヨーグルトパックをして、化粧水、乳液をつけます。

帰宅してすぐにスキンケアをすることによって、

外で浴びた紫外線からシワやシミを最小限に防ぐことができます。

ちなみに私は洗顔も乳液も美白効果のあるものを使っています。

そして寝る前には保冷剤で顔を軽く冷やしています。

毛穴を引きしめる効果があるそうです。

ここまで終わると最後にシワができやすい部分(目尻、ほうれい線)

にワセリンをしっかりと塗り込みます。

こうして寝ると、次の日シワが目立たなくなっています。

私の場合塗り忘れた次の日は、肌がカサカサになっていてシワも濃く見え、最悪です。

シミもシワも結構気にしていたのですが、このスキンケアをするようになってからは、

ほとんど気にならなくなり鏡を見ることも楽しくなってきました。

スキンケアの重要性を感じるのが遅かったけれど

20代から30代は、仕事に夢中、結婚すれば、子育てに夢中という具合に、

自分の肌の調子をうかがう気持ちもなければ、その時間も無かったように思うのです。

気付けば、肌は、子育て中に、子供と海に行く機会も多く、毎日、

外で子供と遊ぶという時間が長かった精か、いつの間にか、シミも作っていうたのでした。

それでも、シミを消す対策をこうじる事よりも、シミをお化粧品で隠す事で、

その場をスル―していた事も多くあったように思います。

そし今、やっと子供も我が家から独立して主人と二人ボッチになって、御互いの両親の介護も終了して、心から、もっと肌の手入れをすべきだった、ファンデーション等で隠す事なんてしないで、スキンケアを正しくする事に集中するべきだったと後悔しだしているのです。

やっと重い腰を挙げた私のスキンケアですが、色々と試しつつ、行きついた所が、

洗顔石鹸は私には固形石鹸で泡立てた方があっている事、化粧水は、

美白とハリを与える薬用品がピッタリだという事等でした。

確かに、遅れたスキンケア対策ですが、これからも、

すっぴんでも通用するような肌を目指そうと思って楽しんで、スキンケアをしているのです。

美肌対策に、思い切って、スキンケア化粧品を替えてみる

長年に渡って使い続けていた、スキンケア化粧品を、思い切って、

今日、全て使いきった事を理由に、他のメーカーに替えてみる事にしたのです。

特に、今までのスキンケア化粧品が気に入らなかったのではなく、むしろ、

一番のお気に入りのオーガニックシリーズでしたが、一度、変えると、

肌がどのように反応するのかと試してみたかったのです。

今回は、薬用美白化粧品の化粧水と固形洗顔石鹸、そして、

美容液の3セットを試しに購入したのですが、洗顔石鹸をつかった瞬間にこれは、

かなりいいと思ったので、このシリーズを買い求めた事に満足しているのです。

というのも、今までの品よりもさらに、付け感がしっとりなのに、さっぱりとした、

化粧品の謳い文句通り、雪肌感覚なのです。

我々のように高齢に向かっていく者にとっては、夏や冬の乾燥の中で過ごす事は、

肌にダメージを強く与えるので、お化粧品を気にするまえにまずは基礎の肌造りを

きちんとすることが必要だと痛感中の今日この頃です。

投稿日: 2016年3月8日 カテゴリー: 美白

スキンケアが女性の心に与える影響とは

美しさは一日にしてならずといいます。

目指す肌になるためには、長く時間をかけコツコツと磨く努力のスキンケアが必要だということです。

とはいえ即効性を求めてしまう私は、普段のスキンケアを怠けがちでもエステに行きたいなとか

今よりも良くなるように美容情報を取り寄せるわけです。

女は常に今よりも良くなりたいと思っているし、大きくいうと変身願望というのはいくつ歳を重ねても

密かに持っているものではないでしょうか?それに対してスキンケアというのは大きく変身するとはあまり望めません。

見た目も少しずつ、効果も少しずつ現れてきたり、来なかったり。

そのコツコツやっている努力が時としてストレスになってしまったり、面倒くさくなってしまったりするのです。

だけどコツコツ自分の肌をスキンケアして、自分のお肌と付き合っていくことは実は心に

与える影響はとても大きなものなのではないかと私は感じています。

コツコツとお肌に自らがケアを頑張ることによって得られる自信というのは大きく、決して無駄にはならないと思うのです。

自信を手にいれるためにもコツコツと毎日のスキンケアを頑張りましょう。

スキンケアにかけたい時間

一日24時間と限られた中で私たちはスキンケアにどれくらいの時間を費やしているでしょうか?

私の場合、朝起きて洗顔して基礎ケアしてもせいぜい5〜6分。

これを夜もするので10分程度ということになるでしょう。

そこに10分ほどのパックを加えてもせいぜい20分です。

スキンケアにかける時間って一日においてなんて少ないことでしょう。

でもそのわずかな時間でもケアを毎日しっかり行うのと行わないのとはあきらかに肌への効果が違います。

たくさん時間をかけてあげれたらそれはそれは効果的なのでしょう。

そう思うとスキンケアは非常に単純で簡単な作業ではないでしょうか。

でもこれはあくまで肌の悩みがない時のこと。

すでに肌へのダメージを感じているのに単純で短い時間のケアをしたところで修復するわけではないのです。

ダメージを受けた分だけ修復には時間を要するというものです。

だからスキンケアにかけたい時間は、その肌の状態に値しなくてはいけないと思います。

ダメージを感じてしまっている場合はそれを面倒と思わず、コツコツやることですね。

自己流のスキンケア方法でいいのか

スキンケアにまつわる情報は様々なところから飛び交っています。

そのどれもが同じでなく、いいか悪いか分からず、ただ誰かの実体験においていいと思ったことや

効果的なことを情報としていっぱいあふれかえっています。

いわゆる自分なりにあみだした自己流のケアなのではないでしょうか。

どれがいいとか、何がいいとかというよりも自分にとってこれだ!と思える自己流のスキンケアに

出会えたということが何よりもステップアップであって、みんなそれがわからないから悩んでいるのです。

だから自己流と言われようと自分にとってそのスキンケアが合っていれば、

それは素敵な美容法を手に入れたと思っていいのではないでしょうか。

スキンケアのアイテムでも、独自のマッサージでも自己流のいい方法をあみだし、

それを信じて行なっていけば効果はきっと現れるものなんだと思います。

そこには理論も理屈もいりません。

肌への感じ方を素直に受け止めることでスキンケアがぐっと近づくはずです。

スキンケアは環境が大事

スキンケアを考えるにおいて、最近特に感じるのが環境との関係性です。

環境というのは日々の生活、暮らし方、また厳密にいうと、

どんなところに住んでいて、誰と暮らしていて、どんな生活感を持っているかということです。

家というのはその人が一番落ち着く場所でなくてはいけません。

外ではどれだけ忙しく、過酷な環境の中でいたとしても、

家にはその落ち着ける環境があれば肌も自然とリフレッシュできると思うのです。

だからいかに自分の家がスキンケアに効果的な家であるかどうかその環境が肌にも現れるのです。

少なくともスキンケアを行う周辺は綺麗に保っておきましょう。

洗面台やスキンケア製品も綺麗に見せることが意外に大事だったりします。

女の綺麗は水周りから始まるとも言ったものです。

それから鏡を磨いたり、美に使う道具なども常に清潔に保っておくことが大事です。

スキンケアの環境なんて決して人から見えるわけではありません。

だけどその一つ一つの意識が自然と肌へ反映し、

また環境をよくすることでスキンケアを楽しめるように変化していきます。

乳化するクレンジングはオススメ

私の今、使っているクレンジングはとてもオススメです。

クレンジングって段階分けてちゃんとやろうとするととても実は厄介なものなのです。

とくにメイクをしっかり行う人や肌の弱い人は間違ったクレンジング方をスタートに

スキンケアを初めてしまうとその後にも影響を受けるそうです。

クレンジングの歴史をたどるとオイルで落とすというのが鉄則だったそうです。

というか昔はオイルしかなかったようですね。

理屈は簡単でメイク用品ではオイルを使って出来ていますから、オイルにオイルを重ねると

落ちやすいのでオイルを馴染ませながら落とすというのが一番効率がよく、馴染みもよく多く使われていたそうです。

とくに口紅、目元のアイメイクはポイントリムーバーなどを使って、敏感な目元、

口元にあまり負担のないオイルを使うことがベストだと言われています。

クレンジング剤の強いものだと確かに突っ張ったりしますが、オイルは突っ張ることは少ないなと実感します。

だけどオイルになれていないと水でさっぱりとるのではなく、

ベタっとした感覚が顔に残るので、好き嫌いはあるかもしれません。

私が使っているのはオイルなのにそれが乳化して最後は洗顔で落とせるのです。

これはいいとこ取りで結構気にいっています。

多忙な芸能人なのになんでお肌が綺麗なの?

芸能人の働きぶりは素人の私にはわからないことですが、移動が多かったり、

不規則だったりというイメージがあります。

そして何よりも忙しそうという印象を受けます。

私も私なりに多忙になることはありますけど、多忙になればなるほど、やっぱり肌荒れは起きやすいんですよね。

ところがテレビなどで拝見しますと、忙しいはずの芸能人の方は肌が美しく、

さらには人前に出る機会が増えてれば増えるほど、綺麗になっていく姿はなんとも驚きなのです。

これは物理的に自分にお金をかけることが多くなったとか、付き添う人が増えてケアが手厚くなったとか、

そんな事実もあることだろうと思います。

しかしそれだけではないと思います。

その人自身のプロ意識など意識が変わったということとか、

人から見られることによっての意識の変化というのも非常を多く、

自分への意識がその美しさを作り出そうとしているのではないかと私は思うんです。

人に見られることや見られる事の意識というのは女性の意識を変え、スキンケアにも磨きがかかるのかもしれませんね。

私も私なりにどんどん前へ出て行くことにしたいと思います。

スキンケアはステップを踏んで行う

スキンケアが大事なことは分かっているけど、どこから手をつけたらいいのだろうなんて悩みながら、

なかなか前に進まないこともよくあるんですよね。

私も今のスキンケアに辿りつくまでの道のりは長く、なかなか満足のいかない日々を過ごしました。

スキンケアはいきなりはじめるのは危険だと言われたことがあって、

つい気持ちが入ると何から何まで揃えたくなってしまう心境になりますけど、

それは肌にとって逆に負担になるみたいです。

順序を決めたステップを踏んで行うと肌も少しずつ慣れてきて、

その繰り返しが自分のスキンケアとして定着していくのだそうです。

ついつい効果が出ることを気にして、色々と揃えたくなってしまうのですが、

そこは少し抑えてまずは基礎のケアを整えることからステップを踏んで、

さらになりたい肌へと向かってスペシャルなケアを加えていくことが肌には優しいケアということになるのでしょう。

何事も基本が一番ということですから、まずはスキンケアの土台作りからはじめましょう。

スキンケアは毎日のサイクルが必要

オフの日は朝もゆっくり目が覚めて、のんびりとした朝を過ごします。

出かける時は顔を洗ってからそのままスキンケアをしてメイクをしているんだけど、

何にも予定のないオフの日はついついスキンケアする事すら気がついたら忘れたまま時間だけが過ぎていることが多くて、

まっいっかとなってしまう日もあるんです。

だけどスキンケアってメイクをするための下準備では決してないわけで、

朝のケアと夜のケアのサイクルによって、肌の活動のお手伝いをしてくれているんですよね。

そう思うとちゃんと決められたケアはきっちりやっておかないとと思うのですが、

なかなか怠け癖というのはそう簡単に取れるものではなく、何もせずに終わる日も少なくありません。

かといって肌にトラブルが増えるわけでもなく、

状態が悪くなければスキンケアにもオフの日があってもいいのかなと思ったりもするのですが、

結局そのつけが歳とともにやってきそうで恐ろしいです。

やはり日中は守るケアはしておいた方が良さそうですね。

スキンケアの順番って大事なの?

スキンケアにはいくつも種類がありますが、正しい順番を守って使いましょうみたいなパンフレットが一緒についていたりします。

順番を守らないとやっぱりよくないんですかね。

どうなるっていう話ではないと思うんですが、

やはり勧められてる使い方を順番を守って使用する事がスキンケアの効果もぐっと上がったり、

意味があるんだと思います。

一般的に言われている洗顔をして汚れを落とすしから、化粧水、乳液などの潤いを与えるべきであるという

理屈は理解でき、身についてはいるものの、美容液やクリームなど違いが曖昧なケアの順番ってケアしながら

悩む時があるんですよね。

実際加えるケアはどの順番から与えても、効果に変わりがあるのかなと思います。

例えばメーカーの違うと順番なんて書いてないし、誰も教えてくれません。

ケアが統一していれば順番も明確ですが、自己流で様々なメーカーを使っているのでほぼ順番は自己流ですが、

軽い感触のものからつけるようにしています。

なので最後にしっかりとしたクリームをつけるって感じです。

あまりがっちりやらなくても、楽な気持ちでスキンケアを楽しめたらいいんじゃないでしょうか。

スキンケア選びは慎重になりすぎない

スキンケア製品の数はどんどん増え続けて、消費者の私たちからしたら迷ってきりがありません。

いいと言われたらあっちふらふら、こっちふらふらと踊らされてはとんでもありません。

スキンケアには少し強い意思と自分のケアへの自信を持って行いたいと思っています。

なんせあれもこれもと手をつけて一番困るのは自分なんですよね。

基本的にはどのスキンケアだって効果があり、いいものだから販売されているわけでいいとか悪いとかでは選べないんですよね。

いかに自分に合うのかってまたは好き、嫌いの好みということになるのでしょう。

例えば自分の生活スタイルに合わせて使えるかどうか。

毎日のケアだから予算も大切ですし、いくつほどのケアをする必要があるのかなんてことも大切です。

メーカーによって使う数が大きく違ったりしますからね。

また好みは多いに大切だと思います。

なんとなくではなく、香りとか感触が好きと思えるものを使うことがいいですよね。

それは案外単純な自分の感覚でいいんじゃないでしょうか?

年齢を合わせたスキンケアをする

スキンケアは長年同じものを愛用しているとなかなか他のものを使ってみようとは思わない人が多いなと感じます。

私もやっぱり長く続けているケアには安心感があるし、変えることってやっぱり勇気がいります。

ただ年齢を応じて見直していくことが必要じゃないかなと思ってはいます。

いつまでも同じケアで同じ肌状態が保てるなんて思えないからです。

年齢によって出てくる悩みに合わせたケアに切り替えていく必要があると思います。

若い時の肌質と歳を重ねてきた肌質とは現実問題、やっぱり大きく違いがあります。

また身体の変化もありますし、日頃の生活スタイルだって変わってきています。

それなのにスキンケアはいつまでも変わらないということはあり得ません。

どれだけ若いお肌を保っていようとも、それ相当の年齢に応じたケアを加えていかなければ、

人間は生き物ですから自然の節理にはかなわないのです。

早めにそれを受け入れて、肌のメンテナンスをしていかないと後で手遅れなんてことになったら嫌だし、

一年一年、私は肌の感じ方に少々敏感になっています。

早めに年齢対策するのは別に悪いことではないですよね。

ただ予算が許されればの話ですが。

スキンケアじゃ解決しない肌の跡

歳を取ると肌についた跡が取れにくくなると聞いて、

いやーそんなところで肌年齢が出るのかと思うとなんだか怖くなりました。

最近朝の起きたら枕後とか、うつ伏せになってて赤くなった後とか時間がたっても戻らないなと

感じる時があるんですが、それもまさに年齢のせいなのかと思い返してしまえばなんだか悲しい現実です。

しかも洗顔してもスキンケアしても取れないんですよね。

こういった表面状からわかってしまう年齢肌もアンチエイジングケアなんかで解消することが果たしてできるのでしょうか?

それならいち早くアンチエイジングケアを取り入れて、少しでも若返る肌作りを始めたいと思います。

これもどれも代謝の問題なのかもしれません。

例えば傷だって、若い肌の方が治りも早いし、後も残らないけど、

歳を重ねてからできた傷後はなかなか綺麗に消えなかったりする。

最終的に黒ずんだり、シミみたいになったら最悪ですよね。

常に若い肌でいるためにはアンチエイジングケアももちろんですが全身の代謝を上げて、

肌を若々しく保つことがベストなのでしょうね。

妊娠中のスキンケアについて

妊娠中は女性ホルモンが活性化されるようで、お肌の状態が意外に良かったりします。

妊娠によって身体の変化の現れや体調の変化もあることから、

スキンケアにおいてもあまり今までと同じようにしなくちゃと頑張りすぎす、

できる範囲でお肌が心地いい程度に整えたら十分だと思います。

妊娠中に肌の状態が気になったのはもはや顔とかの大部分よりも目元や口元などの部分的な変化でした。

とても体調が現れやすいこの辺りの部分はやはりお肌の状態にも関係するようで、

鏡を見る度に目元が疲れているように見えたり、くすんでいるように見えるし、口元もガサガサでした。

なるべくこの辺りはのちのち年齢的にも出やすいところなので早めに対処しないとと思い、潤いを多く与えるように気をつけてはいました。

ただ意外にハリツヤはとても良くて、スキンケアを少しサボってもあまり気にはなりませんでした。

だけど油断は禁物。

やはりその間にも必要な水分や潤いを確実に奪われているようで、産後の肌の乾燥は後からやってきました。

産後は肌の質や体質も変化するといいますからより一層スキンケアに注意した方がいいですね。

主婦が一ヶ月にかける美容のお金はどのくらい

主婦が一ヶ月に使える自分の使える金額ってだいたい決まっていますよね。

だいたい一ヶ月にかける美容のお金はどれくらいなんでしょうか?

ある調査によると0〜3000円が31%と一番多く、次に4000〜6000円の27%でした。

月に10000円以上という人は26%でした。

正直、少ないなと思ったけど、やりくりを考えたらいくらでも節約ができるところっていったら

美容とかになってしまうし、仕方がないのかなと主婦になってからは諦めていることもありました。

優先順位を考えると確かに、美容を怠ったって命に関わることでもないし、

何処かで贅沢品っていうイメージがありますから、何となく買いにくいというか、使いにくいお金になってしまいますよね。

実際私はやっぱり5000円位ですかね。

美容院も月に一度いけるかいけないかって感じだし、化粧品に関してもなくなるまでギリギリ我慢していますし、

本当はというももちろんもう少し色んなチャレンジをしてみたいと女である限り思っています。

でも諦めてはいけません。

限られた予算の中でどれだけ美しくいれるかここが勝負です。

スキンケアのエコパック

スキンケア商品も環境を考えたエコな詰め替え用なんかもちらほら販売していますね。

スキンケア化粧品は保存状態が大切だから容器は結構しっかりとしたものが多いですよね。

多少なりとも容器に対してもお金がかかっているのでしょうから、

その分のエコパックはお安くついてお買い得ですし、ゴミなどの環境問題についても非常に良い話です。

もっとスキンケア製品も数ある製品がエコパック化してくれるとありがたいなと思います。

特に捨てるのがもったいないほどの丈夫で高価そうな容器ほど詰め替えなんて存在しませんし、

なかなか化粧品ブランドとしては難しいものなのでしょうか?

それとも私たち消費者にはわからない品質管理の問題などもあるのでしょうか?

特にたっぷり毎日使う基礎ケアについては詰め替えがあると非常に便利ですよね。

シャンプーやボディーソープなども詰め替え用が定着してきていますし、

近い将来、スキンケアもエコを考えた取り組みが各スキンケアメーカーから

取り入れられているといいなと思うこの頃です。

美肌には時々肌に緊張感を与える

スキンケアをサボっていると、なんだか鏡で見た自分の顔はとてもたるんで見えてしまいます。

肌へのいたわりが足りないと、肌も自然と元気をなくしてしまうのでしょうか。

肌とは非常に敏感で正直なものなのですね。

スキンケアをしていることで、肌はなんだか自然と引き締まり、スッキリするように感じます。

どのスキンケア化粧品を使おうかと選択し、その効果を得たいと思うのはもちろんですが、

毎日欠かさずに自分の手で肌に触れながらスキンケアをしていること自体が、

実はすごく自分にとっての肌のエクササイズになっているのではないかと感じます。

なんでも触れ合うことで愛着がわくという事と同じように、

わずかな時間でもしっかり自分の肌に触れてあげるということが、肌へも緊張感を与え、

元気なハリのあるお肌を保ち続けることができるのではないでしょうか?

スキンケアの効果とは何を使うかという以前にそのような触れ合いが何よりも効果的なのだと思います。

たくさん肌とふれあい、引き締めていきましょう。

エステショップのスキンケア

以前、フィットネスクラブにあるエステを利用していました。

エステのちょうどキャンペーンをやっていて、フィットネスの合間に立ち寄ったのがきっかけでした。

エステなんて高くつくイメージがありましたから、あまり利用したことはないんですが、

一回2000円程で1コースしてくれるということでそれくらいなら少し試してみてもいいかなと思って予約を取りました。

やっぱりエステは違いますね。

肌が潤ったなーとすぐに実感できるほど、スキンケアの大切さやお手入れを大切さを学ぶことができます。

エステ後はお店の専用のスキンケアやメイクを自由に使ってから帰れるところだったので、

スキンケアもたっぷり試させていただきました。

エステ効果も相乗してるからかスキンケア化粧品もとても素晴らしく感じてしまうんですよね。

化粧水は特に私の好みであったので今ならキャンペーンで少しお安いですよなんて言われて、ついつい買ってしまいました。

すっかりエステのキャンペーンにのせられた私ではありますが、

エステ効果の良さと実際にスキンケアを試して使えるということが自分にとって身近に感じ良かったです。

投稿日: 2016年3月1日 カテゴリー: 化粧品