自分に合ったコスメを客観的に選ぶ

kosume1647

私はコスメは浮気していろんなものを使っています。

お肌にとっていいといっても、
同じ成分じゃ肌を甘やかしているかもしれない
という思いがあるからです。

汚れをスッキリと落としてくれる反面、
落ちすぎて失っているものがあるかもしれません。

他のブランドは汚れを落とす成分が弱くても、
必要なものは落ちていない、といった感じです。

いろいろ使っていけばプラスマイナスゼロかな、
なんていう思いがあります。

自分にある潤いは、
なるべく最大限出せるような体質であってほしいなと思います。

なんでも補給補給ばかりではなく、自分で出せる力です。

だからリッチすぎる美容液もどうなのかなと思います。

それと付ける部分も顔全体ではなく、
潤いを欲しがっている個所にダイレクトにつけたいと思います。

逆にそれほど潤いが必要な顔って、
どれだけ集中的に乾燥しているのか?
という疑問も出てきます。

化粧品のメーカーの魅力的なワードばかりに気を取られないで、
何が適切に必要なのか考えています。

とはいえ、コスメに関してはドンドン新しいものが出てくるので、
情報収集は欠かせません!

特に美白化粧品は入れ替わりが激しいので、
このサイトでマメにチェックするようにしています。
美白化粧品

基本を振り返ってのお手入れが大事

若い時になんでもなかったことでも、
アラフォー、アラフィフにもなると、
簡単にダメージを受けてしまいます。

お手入れを怠ったり、
基本を守らなかっただけでもお肌に異変が!

お肌の回復する力も劣っているので、
化粧のりに格段の差が出てしまいます。

洗顔するときの使う水の温度。

熱い温度では肌の乾燥を早めてしまいます。

潤いを補給するにも、乾燥をさせすぎては追いつきません。

また冷たい水も汚れを落とす点ではマイナス。

適温で顔を洗い冷たい水で肌を引き締める、

このパターンは基本です。

また肌を洗う時にはこすっては摩擦で肌を痛めてしまいます。

肌は撫でるように洗うのが良いです。

泡をたてて泡に吸収してもらうような気持で転がすのがいいみたいです。

温度や摩擦による肌ストレスを与えないというのが基本です。

また洗顔後はすぐに水分補給をします。

乾燥は一番の敵ですから、
洗顔後にタオルオフしてすぐに化粧水を付けます。

つけないでいるとどんどん肌の水分量は蒸発して乾燥に傾いてしまいます。

乾燥対策に水分補給が重要

人は体には水分は欠かせません。

体の重量のかなりを水分で占めています。

皮膚からでも乾燥は進みますし、汗もかきます。

だからスキンケアには水分補給はとても大事です。

人は一日に2リットルくらいは飲みましょうと言われています。

少なくても1リットルは大事。

水分の中には、
料理に含まれている水分や味噌汁などの汁物の水分も含まれます。

水分は潤いの素の他、
血液中のどろどろをサラサラにする作用もあります。

また水分は便秘解消にも欠かせません。

水分が少なくなると便秘を引き起こしやすくなります。

便秘は肌の調子にもかかってくるから、
やはり水分はとても大事なんです。

私は毎朝1杯の水を飲むことにしています。

睡眠中は水分も一番少なくなっている時間です。

そして睡眠中には、
コップ1杯分の汗をかいているといわれています。

私は便秘解消も込めて朝は冷水をごくりと飲みます。

頭もスッキリとして、
全身に水分が行きわたる感覚で、体にもよさそうです。