肌に合わないと思ったら直ちに中止しよう

せっかく買った化粧品。

使ってみたのはいいけど、何だか肌に合わないと感じたことはありませんか?

私も普段の化粧品と違うものを旅行先なんかで使ったりすると、どうも相性が悪いというか、

なんか違和感を感じたことがありました。

いつものとは違うからそう感じるだけなのかなと思っていましたけど、

その数時間後には肌がなんだか突っ張ってきて、若干のかゆみが出ました。

かゆみが出てくると急に不安になってどうしたらいいかわからなくなりますよね。

皮膚科の先生に聞くとかゆみが出てきたからといってかいてしまうのは一番良くないと言われました。

かゆくなったり、熱を持つように赤くなったりした時はまずは冷やすというのが一番良く効くそうです。

言ったら少し麻痺させるみたいなな感覚なんでしょうか?

だからアイスノンとかで少し冷やしておいて様子をみたらかゆみはいつの間にか引いていました。

サンプルとかならもう使わなくていいけど、

せっかく購入してしまった化粧品ならなんだか使うのをやめてしまうのはもったいないと

思ってしまいますが、かゆみや発疹は念の為に使わない方がいいですよね。

数回程度の利用なら直接お店に行って相談すれば、返金してもらえるかもしれません。

スキンケア化粧品の消費期限

スキンケア化粧品にも使える期間というのがあります。

だけど色々なスキンケアの化粧品を見比べてみると消費期限がちゃんと記載されているものもあれば、

何も書いていないものもあるんです。

メーカーによっては製造年月日は書いてあるけれど、いつまで使えるのかはわからないまま

匂いや色とか自分の感覚で判断しているところがあります。

通常なら毎日使っていれば1ヶ月とか最高でも3ヶ月位でなくなってしまうんですが、

時々使うようなスペシャルケアは結構見逃しがちで気がつけば凄い変色してもったいないことをしてしまうんですよね。

未開封なものなら2〜3年置いておいても問題はないみたいですが、一度開封してしまうと結局、

酸化したりして成分がいたんでしまうんだとか・・。

毎日使っているものは良いとして、時々使いたいパックやクリームなんかはケアを忘れてしまわないように

どれくらいの頻度で行うか決めておいて使い切らないともったいないですよね。

スキンケアの通信販売

スキンケア化粧品ももはやネットなどでの通信販売もよく利用されています。

買い方が色々選べる今、非常に便利で忙しい時にはこの通信販売はありがたいと私も過去には定期的に利用をしていました。

私が通信販売を利用していた理由は他にもありました。

それは自分の肌に自信がなかったから直接買いにいくことを避けていたということです。

通信販売なら自分の肌をどうこうチェックされることもありませんし、色々と買わされる心配もない。

ただ書いてある情報を元に欲しいか欲しくないかで自分のペースで買い物が出来ます。

約2年ほど使っていてたのでそのスキンケアにも慣れていたし、特に何も問題視していませんでした。

だけどよく考えると効果が出ているかと聞かれると自分の自己判断でしかないため、

そのスキンケアがあっているのか、効果が出ているのか、

アドバイスを誰からも受けていないものだからわからなかったんですよね。

何と無く自己満足で張り合いがないような気持ちになりました。

それで初めて肌診断を受けに直接お店にいくことにしたんですけど、

肌の状態は良く、ちゃんとケアしていますねと言ってもらえたんです。

言われてスキンケアちゃんとしてたんだなと気づいたんです。

誰かのアドバイスを受けながらうまく通信販売も利用できるといいですね。