毎日のスキンケアで気をつけていることと効果があったこと

若い時はなにもしなくても肌が荒れたり乾燥したりということが

なかったトラブル知らずの肌。

ニキビができてみたいなんて言っていたことを懐かしく思い出しますが、

年齢を重ねるごとに悩みが増えてきましたが何も気を使ってこなかったので

どうしたらよいかわかりませんでした。

ある日ふと鏡を見て気がついたこじわ。

近づいてみると細かいシワがたくさんはいっていました。

早速しわについてインターネットで検索。

肌の乾燥が大敵とのこと。

高価な化粧品を使う前に徹底的に保湿することにしました。

気を使えば気を使うほどちゃんと効果があるもので、

乾燥がなくなると小じわも目に見えて減ってきました。

そうなるとよくも出てくるしもっと綺麗になりたいという気持ちも生まれます。

継続することが大切ということも実感しました。

高価で成分的にも優れてる化粧品を使えばそれなりの効果も

期待できるとは思いますが、

一番大切なのは日々のスキンケアを怠らないことだと思います。

とうとう買ってしまった、気になっていたこれを。

気温と日差しは結び付かない、本当にありがたいことなんだけど困ったものだ。

いわゆる寒冷地なのにオフィスの大きな窓は南向きで、

雪の降る日もあるのにいったん晴れてしまうと

一気に室内温度が27~28℃に上がってしまう。

暖かいのはよいのだけど(暑いに等しいが)肌が感想して困るのだ。

そのせいでインフルエンザに誰か罹ると一斉に広がってしまう。

昼休みに化粧水をアトマイザーに入れてこっそりシュッっとしたり、

こまめにリップを塗るとかスキンケアを自分なりにしているけど

それも一時的にしかならない。

ふと立ち寄った雑貨店で目にした加湿器を迷ったけど買ってしまった。

USBを電源にしてペットボトルを容器にした『加湿器』。

自分のハードディスクから電気を取るからすごく『会社がどう思うかな?』

と心配だったけど、実際スマホの充電してる人もいるから同じでしょ?

と開きなおって昨日使ってみた。

これがすごくいいのだ。

邪魔にならない程度の霧だから書類も濡れないし、音も全然気にならない。

聞きこそしないけど、デスクの周りの男性陣は結構気になってる風。

リップの回数も減った。

夕方気になってくる目元の小じわも少ない気がするし、これは良かった。

本当はアロマでもたらしたいところだけどそれは迷惑だから我慢我慢。

浸透率を高めるためにブースター美容液は必須アイテム!

私は年間通してスキンケアを行う時はブースター美容液をまず最初に使います。

これを始めてから10年は経ちますが、今や欠かせない必須アイテムです。

昔は美容液と言うと最後に使うものか、

部分的に使うものというイメージだったけれど、

今は割と各化粧品会社でブースター美容液が出ています。

私が使っているものは美容液そのものが浸透が早くて、

テクスチャーはベタベタしないのにしっとりするので、

日中は美容液だけでもいいぐらいです。

エイジング効果もあるので、ハリが出て乾燥しなく万能です。

もう何十本リピしたかわかりません。

お値段は税抜き15000円で高いけれど、伸びもよくコスパは良いほうだと思います。

スキンケアは10代の頃からきちんとやっていたので、

数十年経った今でもシワやたるみはありません。

周囲や家族からも羨ましがれるほどです。

女性はいつまでも若く美しく見られたいもの。

だからこそこれからも手抜きしようなどとは考えていません。

マイナス10歳をずっと目標に頑張っていきたいです。

重曹ってお掃除用じゃないです?ノン!スキンケアの味方です!

重曹って何故かお掃除用として有名ですが、実はそれだけじゃないんです!

マフィンやオムレツをふっくらさせる成分、ベーキングソーダと呼ばれ、

もともと食用で有名なのですが、それだけではなく、美容にも使えるのです。

私が実践しているのを三つ紹介しますね。

①洗顔スクラブとしてー充分に泡立てた洗顔フォームに

小さじいっぱいほどの重曹を混ぜます。

そして目に入らない様に気をつけつつ軽くスクラブします。

やりすぎには気をつけましょう。

また毎日するのには刺激が強すぎるので、週に一度程度に止めましょう。

②重曹パックー水でペースト状の成分を作ります。

そしてそれを顔に乗せて5分程度置きましょう。

そして、水で綺麗に洗い流しましょう。

③お風呂に入る際にカップ一杯程度を入浴剤のように溶かしこみましょう。

そうするとお湯がとても柔らかくなり、

また体のポカポカがなかなかなくならず、湯上りがとてもいい感じになります。

アロマオイルを垂らしてもよいですが、無くても無味無臭なので、

普段のお風呂とかわなくて、違和感がないところがとてもオススメです。