久しぶりに保湿にコットンを使ってみました。

このところずっと、洗顔後の保湿にはコットンを使わず、

手で化粧水などをつけてきました。

それまではコットンを使っていましたが、

肌との摩擦による刺激をなくそうと思ったのがきっかけでした。

最初は手の保湿にも一役買ってくれるかと期待しましたが、

結局は洗ってしまうので、手には特に効果はありませんでした。

考えれば当然ですね。

そのまま何年か手でつけてきましたが、

何となく浸透が鈍くなってきた気がして、久しぶりにコットンを使ってみることにしました。

コットンを使うと片手が空くので、つい雑誌やパソコンを見ながら保湿してしまいます。

少しだらしないですが、結果的にそれまでよりたくさんつけることができているので、

それもありかなと思っています。

もう一つ、なかなか使いきれなかったオイルが、

コットンを使うと使いやすかったので、持て余していた分が上手く使えそうで良かったです。

肌に速攻変化が起きたという訳ではないけど、

継続していればよくなると期待してしばらくコットンでいこうかな。

コツコツ保湿に励んで、乾燥肌と付き合っています。

20代の後半になりそろそろ真面目にスキンケアしていきます

20代の前半までは肌にシミが現われても自然に消えてくれていました。

肌の新陳代謝が今よりも良かったので特別なスキンケアをしなくても

代謝によってシミが肌から排出されていたのだと思います。

私が若い頃は肌を黒く焼くのが流行っていたので

学生時代の私も夏になると友達とビーチに行って肌を真っ黒に焼いていたものでした。

冬になって肌が白くなっていくと肌にポツポツとシミが現われていしまたが

ファンデーションで隠せる程度だったので特に気にもしていませんでした。

そんなシミが20代の後半になった今とても気になるようになってしまいました。

こめかみから頬骨のあたりにシミが広範囲に出てしまい

なかなか消えてくれなくなってしまったのです。

日が経つうちにシミの色も濃くなっていくようで不安です。

30代を前にしてきっと代謝が以前ほど活発ではなくなったのが原因なのだと思います。

私も自分の肌の衰えを感じるようになりスキンケアを真面目に考えるようになりました。

美白クリームなどいろいろな基礎化粧品がありますので

自分の肌に合ったものを見つけてちゃんとケアしていきたいと思っています。

肌にとって洗顔はとても大切だと思っています

洗顔はスキンケアにとってとても大切なんだと最近はひしひしと感じるようになりました。

以前は水でバシャバシヤと顔を洗っても特に何ともなかったのに

今そんなことをしたら肌がボロボロになって大変なことになってしまうと思います。

ただでさえちゃんと気を付けて顔を洗っているのに

最近は洗顔後に顔の肌が突っ張った感じになることが多くなってしまいました。

だからと言って肌に負担をかけないよう優しく洗い過ぎてしまうとこんどは

肝心の汚れを落とすことができなくなってしまいます。

肌の毛穴に詰まってしまった皮脂やメイクをそのままにしておくと

当然ですが肌トラブルを引き起こしてしまいます。

汚れは肌のくすみの原因になったりシミの原因にもなったりするので気を付けなければなりません。

私はクレンジングや洗顔のことを考えてメイクは必要最小限にするなど

いろいろと工夫したりしていますが肌トラブルの悩みはつきません。

これからますます肌に歳相応のトラブルが出てくると思いますので

肌に負担をかけないクレンジングや洗顔を心掛けていきたいと思っています。

どんよりとくすんだ肌が明るくなってきました

もうすぐ37歳になる主婦です。

いつからか肌に元気がなくなり、くすみが気になっていましたが特に対策はしていませんでした。

美白系の化粧品を使ったこともありましたが、効果は出ず。

逆にさっぱり系の化粧品だったのか乾燥が進み、顔全体が疲れた感じになってきていました。

ある時、保険の営業の方が来て医療保険の見直しをして話を聞くようになったのですが、

何回か訪問してもらった時に「体調が悪いのですか?」と聞かれました。

特に体調は崩しておらず、疑問に思ってふと鏡を見ると口紅を塗り忘れていました。

その時、すごく顔色が悪かったのです。

そこで、いつも購入している化粧品と同じメーカーから出ているマッサージクリームを

使ってみることにしました。

しばらく使っていると血行が良くなったのか肌が明るくなってきました。

洗い流さないタイプなので、マッサージの後にそのまま次の化粧品を塗ることが

出来て楽なのです。

夕方には疲れ顔になっていたのですが、

マッサージをするようになってからその悩みは解消されました。