ノンファンデ主義の私がやっている美白ケア

私は幼い時から、常に顔色が悪いと心配されるくらい色白でした。

思春期にさしかかるとチロルチョコひとつで赤ニキビが3つ出来る程、

チョコレートが天敵でした。

色が白いため、ニキビひとつでも目立ってしまい、

ニキビがいくつもある友達にさえ「にきび出来てるよ!」と指摘されるくらいでした。

そんな私が初めてファンデーションを付けたのは、あるモデルのお仕事の時でした。

ベース、コンシーラー、ファンデーションなどたくさんつけられている最中、

「世の中の女性は毎日こんなに大変なお化粧をしているんだ……。」と感慨深く感じました。

私は、体内(内面)が綺麗であれば、自ずと表に出てくるものだと常に考えています。

息子を産んでから半年後に夜泣きが始まり、睡眠リズムもバラバラ。

私の肌はこの一年であっという間に老け込んでしまいました。

それでもノンファンデでいたいので、週に2回の「おとうふパック」を実行しています。

絹とうふの水気を切って、それをお風呂で膝や顔、手などに塗ってしばらく待ち、

後はすすぐだけです。

個人差もあるでしょうが、私の場合は、「HAKU」よりも効果がありました。

肌がとてもしっとりします。

もっと続けていればソバカスも消えるかな、と思いますが、

まだまだ子供がべったりなので、また時間を見つけてやっていこうと思います。

ハリを取り戻す秘訣は洗いすぎない事とエイジング対策コスメ!

最近私が心がけているスキンケアは「洗いすぎないこと」です。

20代の頃は朝からシャワーを浴びて毛穴の汚れを落とすために朝専用クレンジング、

洗顔、夜も湯船につかりながらメイクもしっかり落とすためのディープクレンジング、

そして続けて洗顔ととにかく洗う事に重点を置いていました。

巷でも、化粧水や美容液の効果を最大限に引き出すためには

まずは顔の汚れをすべて落としきってクリアな状態にすることが第一、

などと言われています。

でも私の場合はその後どんなに保湿力の高い美容液やパック、

クリームを使ってもなんか顔の奥の方が乾燥してつっぱっいる感じが解消されませんでした。

いわゆるインナードライというやつです。

色々な保湿コスメを試しましたが、効果なく。

ふと、これは洗いすぎなのでは?と気が付いて、朝はぬるま湯でさっと流す程度に、

夜はクレンジングのみでダブル洗顔なしに変えてみたところ、

みるみる間にぷりぷりのお肌に!さらに使っていた保湿剤をアンチエイジングタイプの物に

替えたところ保湿効果も更にアップしてハリが感じられました。

しわやたるみなどが気になる方は一度洗いすぎていないか、

見直してみるといいかもしれませんね。

ピーリングジェルでつるつるお肌でピチピチに

最近はピーリングジェルを一週間に一回使用しています。

ピーリングジェルとは古い角質をおとして毛穴の汚れを浮かび上がらせて

肌をきれいにするものです。

洗顔の後に水分をよくとってからピーリングジェルを手にとってジェルを使って

顔をやさしくマッサージします。

するとすぐにたくさんの汚れが顔からでてきてとれます。

私の顔汚れてたんだ。

いらないものがたくさんあったんだねと思い、おもしろいくらいゴミがとれて満足します。

洗い落として化粧水や乳液で顔を整えるともう違いがわかります。

びっくりするくらいつるつるです。

肌がつるつるして柔らかくなりきれいになったことが実感できます。

スッキリして気持ちいいし若返った気になります。

本当は毎日でもピーリングジェルできれいになりたいのですがやりません。

前に顔に脂はある程度必要だと聞いたことが気になりますし、

たしかに頻繁にピーリングジェルを使っていると顔がつっぱることがありました。

何事もほどほどがいいということでしょう。

一週間に一回のお楽しみタイムと思って我慢してます。

目じりのしわを気にせず、思いっきり笑おう!

30代後半になると、シミやしわが気になってきました。

ふと鏡にうつった自分の顔を見て、老けたなぁ~と。

子供のお世話が優先順位の一番手な為、自分の事は後回し。

仕方ないとはいえ、歳には勝てないなと。

子供達が通う幼稚園には、まだ若いお母さん達も多く、

その方達と一緒にお話しをしたり、

イベントでご一緒する時に若いって素晴らしいと実感してしまう。

肌のハリやキメの細かさは歳がどうしても出てしまうもので、

スキンケアをきちんとする事である程度はごまかせるのかなぁ~と。

子供や旦那の為には、いつまでもキレイで若いお母さんでいて欲しいと思うので、

歳相応のスキンケアをする事にしました。

まずは色々な試供品を集めて実際につけて試してみた。

会社によっても、商品によっても全く自分に合うもの合わないものがあり、

お肌に合っていても、匂いが気に入らなかったり、翌日のお肌の調子が違ったりと、

自分にあった商品を見つけるのは大変でした。

でも見つかりました~。

「これだ!」っていうインスピレーションを感じるものなんですね。

試供品から、日々のスキンケアの美容液に昇格です。

今まで使っていたオールインワンの美容液は引き出しの奥の方にひっそりと佇んでいます。

お風呂上りからの3分間が勝負だと聞きました。

子供達のお世話はひとまず簡単に済ませ、お肌がカピカピになる前に美容液をつけます。

つけた瞬間に、お肌になじみ、ゆっくりと浸透していくのがわかるんです。

価格が高いのもあると思いますが、自分に合った美容液を見つけられたのが良かったのだと思います。

今では目じりのしわもすぐに消え、思いっきり笑えるようになりました。