スキンケアはステップを踏んで行う

スキンケアが大事なことは分かっているけど、どこから手をつけたらいいのだろうなんて悩みながら、

なかなか前に進まないこともよくあるんですよね。

私も今のスキンケアに辿りつくまでの道のりは長く、なかなか満足のいかない日々を過ごしました。

スキンケアはいきなりはじめるのは危険だと言われたことがあって、

つい気持ちが入ると何から何まで揃えたくなってしまう心境になりますけど、

それは肌にとって逆に負担になるみたいです。

順序を決めたステップを踏んで行うと肌も少しずつ慣れてきて、

その繰り返しが自分のスキンケアとして定着していくのだそうです。

ついつい効果が出ることを気にして、色々と揃えたくなってしまうのですが、

そこは少し抑えてまずは基礎のケアを整えることからステップを踏んで、

さらになりたい肌へと向かってスペシャルなケアを加えていくことが肌には優しいケアということになるのでしょう。

何事も基本が一番ということですから、まずはスキンケアの土台作りからはじめましょう。

スキンケアは毎日のサイクルが必要

オフの日は朝もゆっくり目が覚めて、のんびりとした朝を過ごします。

出かける時は顔を洗ってからそのままスキンケアをしてメイクをしているんだけど、

何にも予定のないオフの日はついついスキンケアする事すら気がついたら忘れたまま時間だけが過ぎていることが多くて、

まっいっかとなってしまう日もあるんです。

だけどスキンケアってメイクをするための下準備では決してないわけで、

朝のケアと夜のケアのサイクルによって、肌の活動のお手伝いをしてくれているんですよね。

そう思うとちゃんと決められたケアはきっちりやっておかないとと思うのですが、

なかなか怠け癖というのはそう簡単に取れるものではなく、何もせずに終わる日も少なくありません。

かといって肌にトラブルが増えるわけでもなく、

状態が悪くなければスキンケアにもオフの日があってもいいのかなと思ったりもするのですが、

結局そのつけが歳とともにやってきそうで恐ろしいです。

やはり日中は守るケアはしておいた方が良さそうですね。

スキンケアの順番って大事なの?

スキンケアにはいくつも種類がありますが、正しい順番を守って使いましょうみたいなパンフレットが一緒についていたりします。

順番を守らないとやっぱりよくないんですかね。

どうなるっていう話ではないと思うんですが、

やはり勧められてる使い方を順番を守って使用する事がスキンケアの効果もぐっと上がったり、

意味があるんだと思います。

一般的に言われている洗顔をして汚れを落とすしから、化粧水、乳液などの潤いを与えるべきであるという

理屈は理解でき、身についてはいるものの、美容液やクリームなど違いが曖昧なケアの順番ってケアしながら

悩む時があるんですよね。

実際加えるケアはどの順番から与えても、効果に変わりがあるのかなと思います。

例えばメーカーの違うと順番なんて書いてないし、誰も教えてくれません。

ケアが統一していれば順番も明確ですが、自己流で様々なメーカーを使っているのでほぼ順番は自己流ですが、

軽い感触のものからつけるようにしています。

なので最後にしっかりとしたクリームをつけるって感じです。

あまりがっちりやらなくても、楽な気持ちでスキンケアを楽しめたらいいんじゃないでしょうか。

スキンケア選びは慎重になりすぎない

スキンケア製品の数はどんどん増え続けて、消費者の私たちからしたら迷ってきりがありません。

いいと言われたらあっちふらふら、こっちふらふらと踊らされてはとんでもありません。

スキンケアには少し強い意思と自分のケアへの自信を持って行いたいと思っています。

なんせあれもこれもと手をつけて一番困るのは自分なんですよね。

基本的にはどのスキンケアだって効果があり、いいものだから販売されているわけでいいとか悪いとかでは選べないんですよね。

いかに自分に合うのかってまたは好き、嫌いの好みということになるのでしょう。

例えば自分の生活スタイルに合わせて使えるかどうか。

毎日のケアだから予算も大切ですし、いくつほどのケアをする必要があるのかなんてことも大切です。

メーカーによって使う数が大きく違ったりしますからね。

また好みは多いに大切だと思います。

なんとなくではなく、香りとか感触が好きと思えるものを使うことがいいですよね。

それは案外単純な自分の感覚でいいんじゃないでしょうか?